Foxit Phantom PDF Suite premium

※ 販売終了いたしました。

Foxit Phantom PDF Suite Premium その他の機能詳細

あらゆるPDFドキュメントを閲覧可能

Foxit Phantomは世界中から支持を集めているFoxit ReaderのPDFレンダリング技術をベースがベースとされています。Adobe ReaderやAcrobatで閲覧可能な全てのPDFを閲覧することができます。

機密情報を保護

Foxit Phantomはドキュメントに制限を設け、印刷や保存に対してのコントロールを様々なレベルで可能にします。 ドキュメントはパスワード、または電子署名によって保護することができます。

サムネイルから選んだページを印刷

PDFドキュメント内の全てのページはサムネイルでプレビューすることができます。多くあるショートカット機能の中には、サムネイルから一つ、または複数選んで印刷できるものもあります。複数のページを印刷するには、ShiftキーまたはCtrlキーを押しながらサムネイルをクリックし、マウスの右クリックメニューにある「印刷(P)」を選ぶだけです。この直接印刷機能はドキュメントの特定ページを印刷するのに、大いに役立つでしょう。

初期状態の設定

ユーザは文書レイアウトや宛先、Windowsオプション、ドキュメントプロパティのユーザインターフェイスオプション等を、初期状態に設定できます。この機能は個々のドキュメントのためにグローバル設定をする必要がないので、時間の削減に大いに有効です。ユーザはそのドキュメントに必要な独自設定に対してだけセッティングするだけで済みます。

著者などのドキュメントプロパティの編集

Phantomは、簡単にドキュメントのプロパティを編集できます。例えば、ドキュメントのプロパティを削除することもできます。しかしほとんどの場合、正規のドキュメントは正式な所有者にしか対応していないので、所有権の変更にドキュメントプロパティの書き換えは必要となるでしょう。この機能はまた、不足している情報をプロパティに追加することもできます。

undoとredo

Foxit Phantomはユーザに多くの編集機能を提供します。作業中、取り消しややり直しが必要になった場合、Phantomは最大100回のundo、redoが可能です。ドキュメントの変更やそれに伴う影響に不満があるならば、undo(取り消し)できます。 またユーザは、それまでの行程を再びやり直す必要なく、redo(やり直し)機能で作業を重複できるのです。

拡張スタンプライブラリ

PDFドキュメントを校正する際、ドキュメントにスタンプを押す必要があると思います。 例えば契約書を受け取り"再検討”のスタンプが必要ならば、Foxit Phantomは10個以上の標準的なスタンプと、数量制限のない独自スタンプ作成機能があります。 そして、ユーザのスタンプライブラリも管理します。

JavaScriptでADBCをサポート

JavaScript によるADBCのサポートによって、新しいデータの入力や情報のアップデート、そしてデータの削除を目的としたデータベースへの接続のためのプロパティ設定や方法を構築できます。

Foxit Phantom PDF Suite Premium

ダウンロード版
販売終了いたしました。
パッケージ版
販売終了いたしました。
パッケージ乗換・優待版
※乗換・優待版は他社製市販製品を既にご利用の方向けのみ対象となります。
販売終了いたしました。
ライセンス販売

※ ライセンス購入をご希望の場合、お見積発行依頼フォームよりお問い合わせください。

見積発行依頼

必要動作環境

  • 対応OS:
    Windows 7
    Windows Vista SP2以上
    Windows XP Home Edition SP3以上
    Windows XP Professional SP3以上
    ※全て日本語版に限り対応します。
    ※Windows 7の64ビット版では、WOW64サブシステム上で、32ビットアプリケーションとして動作します。
    ※Windows Vistaの各エディションは32ビット版に限り対応しています。
    ※簡易ユーザー切り替えには対応していません。
  • CPU:1.3GHz以上
  • メモリ:64MB RAM (推奨:128MB RAM 以上)
  • HDD:90MB以上のハードディスク空き容量
  • モニタ:画面解像度800×600ドット以上
  • インターネット環境:インストール時、アクティベーションが必要

OCR変換時の注意事項

解析可能なPDFファイルの制限事項

  • フォームデータには未対応フォームデータ以外が解析対象。
  • パッケージ形式は、先頭のページのみ解析対象。PDF1.7仕様のパッケージ形式には非対応
  • PDFファイルに文字データが存在しない場合はページ全体を画像として出力
  • Unicode、Windowsで使用できない特殊記号などの文字には未対応

[テキスト(データ抽出)]を選択した場合の制限事項

複数ファイルの変換

  • PDF・画像ファイル以外を含む複数ファイルを選択してドラッグアンドドロップした場合、PDF・画像ファイル以外のファイルは変換対象とされません。

ファイル名の重複

  • 保存先のフォルダーに同じ名称のファイルが存在する場合、各ファイル名の末尾に連続した数値番号が付加され、別名で保存されます。
askgroup_banner.gif